Milano Naviglio ミラノ観光ガイド
ミラノは、好きになるのも忘れるのも難しい街。雑然でありながら明瞭、古風でありながらモダーン、富と貧しさの共存、伝統を受け継ぎながら国際的でもある街。そして、今日、特にファッションの街としても知られるグローバルな街なのです。
関連イメージ (15)

勉学、仕事、娯楽、ビジネス、文化、歴史、文学、ショー、音楽、世俗、そこにちょっぴり悪なカルチャーも混ざり合い、朝から晩まで、地区それぞれが 活力を持つメトロポリス、 ミラノ。この街に住む人々の多くは、日々様々なものに囲まれているせいか、街中にある歴史的建造物・像や教会のファザードに目を向けたり、美術館や展覧会に足を運 ぶことさえも、つい忘れてしまうのです。

ビジネスの街、市場取引の中心地、ファッションの首都、ヨーロッパ一の規模を誇る展示会場のある街ミラノ。あのレオナルド・ダ・ヴィンチが25年間生活し、名作”最後の晩餐”をサンタ・マリア・デッレ・グラッツィエ教会の壁に製作したことはあまりにも有名です。
そして、ミラノといえばナイトライフ。各所で行われる大規模なコンサート、ナヴィリオ地区は有名な夜遊びエリア、有名人が出入りするディスコ、キャバレ、スカーラ劇場、12月7日にサンタ・タンブロージョ教会前広場で開催されるフェアOh bej, oh bej

数多くの劇場、重要な美術展示会が行われるパラッツォ・レアーレトリエンナーレ、マラソン大会”ストラミラノ“のようなスポーツ大会。ミラノの2大 サッカーチーム、ACミランとインテルが本拠地とする”スタディオ・メアッツァ”と、各分野でのイベントが充実しています。

明日天気になあれ数多くの劇場、重要な美術展示会が行われるパラッツォ・レアーレトリエンナーレ、マラソン大会”ストラミラノ“のようなスポーツ大会。ミラノの2大 サッカーチーム、ACミランとインテルが本拠地とする”スタディオ・メアッツァ”と、各分野でのイベントが充実しています。

 

ミラノ文化の代表と言ってもよいものに”アペルティーヴォ” があります。アペルティーヴォとは、食前時にバール、ワインバー、パブなどが用意するスナック・ビュフェとカクテルのことで、用意されるビュフェは、カ ナッペ、パニー二、スナック菓子、揚げ物、フォカッチャ、キッチュなどで、カクテルは伝統的なものから革新的なものまで様々。主に有名なカクテルは、プリ ニオ通りの”バール・バッソ”で生まれたネグロー二・ズバリアート(スプマンテ、マルティー二ロッソ、ビターカンパリ)、ナヴィリオ地区のポルタ・ロドヴィカにある”ガットューロ”の名物イル・ロゼ(ヴェルモット・セッコ、キリッシュ、チェリーブランディー)、文化の中心ブレラ地区のオルソ通りにある”クレペリア・ヴェッキア・ブレラ”の名物カクテルカクテルズ・シャンパーニェ(シャンパン、グラン・マルニエ、コニャック、サクランボ、砂糖)など。

肥えた大地として知られるパダナ平野の中央に位置するミラノは、米、とうもろこし、小麦、肉、野菜などの生産が盛んな他、淡水漁業、チーズの生産などが盛んです。また、有名な伝統菓子が多いことでも知られています。

ミラノを基点にした日帰り旅行も、様々な形で楽しむことができます。ミラノ周辺には、モンツァ(ヴィッラ・レアーレ、ラレンガーリオ、公園、サーキッ ト)、レッコ(作家マンツォーニの出生地、サン・ニコロ教会)、コモ、パヴィア(1361年創立のパヴィア大学、今日マラスピーナ絵画館として利用されて いるヴィスコンテオ城)、ベルガモ(古い街チッタ・アルタ)、ブレーシャ等の街が存在し、更に、湖、スキーやトレッキングのできる山、田園、アグリトゥー リズモや農場、聖堂、修道院、テルメ等の自然にも恵まれています。



ミラノへの交通
飛行機、電車、車など、各交通手段別のアクセス方法。
 

 


ミラノでの宿泊
ロンバルディアの首都ミラノでの宿泊提案は様々:.歴史中心地区での宿泊、高級ホテルまたは格安ホテル、レジデンス、ベッド&ブレックファースト、キャンプなど。



ミラノの見どころ
ミラノには、”芸術の街”としてのイメージがあまりありません。確かに、フィレンツェ、ヴェネツィアそしてローマのような街に比べてしまうと、有名芸術作品の数は劣ります。しかし、実際には、ミラノにも 観るものを十分満足させる歴史・美術・文化が存在するのです。

ミラノで食べる
ミラノの郷土料理をはじめ、イタリア各地の郷土料理、更には世界各国の料理と、ミラノのレストランはよりどりみどり。
 


ミラノ周辺への日帰り旅行 ....
ブリアンツァ地方やコモ湖周辺、ロンバルディア州南部ローディ、マントバ、クレモーナなど。

 

他のガイドを観る 他のガイドを観る
 
ザッピング
Rossetto イタリアのアウトレットショップ・ファクトリーストアー・直売店
イタリア国内外の高級ブランド品・手工芸品・新鮮な食品を、より安く手に入れることのできる場所。
Semifreddi イタリアのお菓子
イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。お隣のフランスやオーストリアのケーキがあまりに有名なため、どうもかすんでしまいがちなイタリアのデザート。しかし、よく考えてみれば、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタなど、日本のファミレスメニューにも載っていそうなこんなデザートたちも、実はイタリアン・ドルチェなのです。
BASILICA DI SANTA GIUSTINA - (C)Archivio Fotografico Turismo Padova Terme Euganee/fotografo: Danesin パドヴァ観光ガイド
パドヴァの街と県は、ラグーナとプレアルプスの中間にあるヴェネト平野の中央に位置しています。 文化・経済の発達した北東の地としても知られるパドヴァは、芸術・文化・伝統に満ちた歴史の地でもあります。
Assisi Santa Chiara rav アッシジ観光ガイド
ウンブリアの緑の丘に位置するアッシジは、その詩的な雰囲気、歴史、芸術で人々を魅了して止まない。イタリアの守護聖人である聖フランチェスコの生まれ故郷、フランチェスコ修道会発祥の地。
Copyright © 2004-2017 MEMOKA P.IVA 08522530966 All rights reserved.