Cappucino BARバール
コーヒーや各種ドリンク、ブリオシュやパニーノ、アペリティフも楽しめるバール。ちなみに、イタリアでは「お茶しようか」ではなく「Prendiamo il caffé コーヒー飲もうか」というほど、コーヒーが主流です。そして、コーヒーの種類は、豆の種類のことではなく、イタリアンローストを使ったスタイルの違いをさしています。
関連イメージ (2)


バールとは、コーヒーやソフトドリンク、お酒、軽食、スナック、お菓子などがあるイタリアのカフェ・喫茶店のことです。
バールの造りの特徴としては、ほぼ100%立ち飲みカウンターが設置されていること。
また、街の中心地、特に観光地のバールでは、立ち飲みとテーブルで飲んだ時の値段が違うということです。立ち飲みの値段というのは、イタリア中どこのバー ルもそれほど変わらないのですが、テーブルに座るとサービス料が加算されて高くなったりします。立ち飲みだと1.50ユーロのコーヒーがテーブルだと3 ユーロだったりするのです。

そして、初めてカウンターでオーダーする時に戸惑うのが、メニューが表示されていないということです。
テーブルでオーダーする場合はメニューを持ってきてくれますが、カウンターでの場合は、「バールにどんな飲み物があるか知っているのが当然」という対応をされます。
基本的なカフェや水を除けば、口やり取りで何をオーダーするかを決めるといった感じでしょうか。
イタリア語がわからないと不安になるかもしれませんが、相手は陽気なイタリア人。片言と身振りだけでもどうにかコミュニケーションできてしまうものです。それも楽しいと思ってチャレンジしてください。


Bevande べヴァンデ
べヴァンデとはイタリア語で飲み物のこと。
バールで一番ポピュラーな飲物はカフェでしょう。
イタリアのバールでカフェと呼ばれるごく普通のコーヒーは、エスプレッソマシーンを使って、高圧で抽出したコーヒーです。
アメリカンコーヒーが飲みたければ、「カフェ・アメリカーノ」と言えとエスプレッソのお湯割りを出してもらえます。
カフェの他にも、バールには缶やビンに入った炭酸飲料や果汁、食前・食後酒やワイン・ビールなどのアルコール飲料があります。スプレムータと呼ばれる絞りたてオレンジジュースもバールのスタンダードメニューです。

基本的なCaffé カフェの種類

Caffé Corto  カフェ・コルト

コルトとは短いという意味。最初の濃厚なエキスだけを抽出したエスプレッソ・コーヒー。
Caffé  Normale カフェ・ノルマーレ ノルマーレとは普通という意味。「カフェ」とオーダーするとこのコーヒーが出される。
Caffé Lungo カフェ・ルンゴ ルンゴとは長いという意味。コルトとは逆に、おお目の水で抽出したカフェ。ノルマーレよりもやや薄い。
Caffé Doppio カフェ・ドッピオ ドッピオとは2倍という意味。カフェ・ノルマーレを2倍の量でいれたもの。
Caffé  Americano  カフェ・アメリカーノ 大き目のカップにカフェ・ノルマーレを入れて、お湯を注いでで薄めたもの。
Caffé Macchiatoカフェ・マッキアート カフェ・ノルマーレに泡立てたミルクを垂らしたもの。マッキアートとはシミがついたという意味。
Caffé  Latte カフェ・ラッテ 大き目のカップに注いだカフェ・ノルマーレに、たっぷりのミルクを注いだもの
Latte Macchiato ラッテ・マッキアート カフェ・ノルマーレにミルクを注ぎ、その上に泡立てたミルクをのせて仕上げる。
Cappuccino カプチーノ カプチーノカップに、カフェ・ノルマーレ、その上に泡立てミルクをのせ、好みでココアをふりかけて仕上げる。
Caffé  con Panna カフェ・コン・パンナ カプチーノカップに、カフェ・ノルマーレ、泡立てた生クリームをたっぷりのせて、ココアをふりかけたもの。
Caffé  Marocchino カフェ・マロキーノ カフェ・ノルマーレに泡立てミルクをのせ、ココアをふりかけたもの。
Caffé  Corretto カフェ・コレット カフェ・ノルマーレに好みのお酒(リキュール、コニャック、グラッパなど)を数滴垂らしたデザートカフェ。
Caffé  Decaffeinato カフェ・デカフェイナート カフェインレスのエスプレッソ。
Caffé  d'Orzoカフェ・ドルツォ 大麦で作ったコーヒーをエスプレッソマシンでいれたもの。

その他の飲み物

Acqua mineraleアックア・ミネラーレ ミネラルウォーター
  • 炭酸なし
    liscia (naturale) リッシャ(ナトゥラーレ)
     
  • 炭酸入り
    gassata (frizzante) ガッサータ(フリッツァンテ)
Succo スッコ 果汁 
  • オレンジジュース
    succo d'aranciaスッコダランチ
     
  • リンゴジュース
    succo di mela スッコ・ディ・メラ
     
  • パイナップルジュース
    succo di ananasスッコ・ディ・アナナス
Aranciata アランチャータ オレンジ果汁が12%以上使用されているオレンジエード
Bibite gassate ビビテ・ガッサーテ コーラなどの炭酸飲料
The' テ 紅茶
  • アイスティー
    The' freddo テ・フレッド 
     
  • ホットティー
    The' caldoテ・カルド
  • レモンティー
    The' al limoneテ・アル・リモネ
  • ミルクティー
    The' con latteテ・コン・ラッテ
Cioccolata calda チョコラータ・カルダ ホット・チョコレート
イタリアのホットチョコレートは濃厚でトロみがあるのが特徴。con pannaコン・パンナ と言うと、泡立てた生クリームを添えることができる。
Birra ビッラ ビール
  • 缶ビール
    Birra in lattina ビッラ・イン・ラッティーナ
  • 瓶ビール
    Birra in bottiglia ビッラ・イン・ボッティリアータ
  • 樽(ケグ)出しビール
    Birra alla spina ビッラ・アッラ・スピーナ
Vino ヴィーノ ワイン
  • 白ワイン
    Vino bianco ヴィーノ・ビアンコ
  • 赤ワイン
    Vino rosso ヴィーノ・ロッソ
Aperitivi アペリティーヴィ 食前酒。ベルモット酒などアルコール度の低いものを飲むことが多い。
Digestivi ディジェスティーヴィ 食後酒。食事の後に余韻を楽しむために飲むアルコール飲料の総称。30~60度のアルコール度数が強いものが多い。
イタリアではブドウの搾りかすを発酵させたアルコールを蒸留して作るGrappaグラッパや苦味の リキュールAmaroアマーロなどを飲むことが多い。

  


バールで食べる

  • Colazioneコラツィオーネ
    コラツィオーネとはイタリア語で朝食のことです。
    朝のバールは、朝食をとる人で賑わいます。朝食と言っても、日本の立ち食いそばの感覚で、カウンターにてBriocheブリオッシュと呼ばれる菓子パンを頬張りながらカフェやカプチーノを飲んでお終いのすばやいものです。
    ブリオッシュは、通常カウンターにある透明のケースの中に入っているので、自分でケースをあけて取って食べます。
    バールにおいてあるブリオッシュは、コルネットと呼ばれるクロワッサン型のものであることが多いです。
    スタンダードな種類は:
    vuotoヴォート(プレーン)
    alla crema アッラ・クレマ(カスタードクリーム入り)
    alla marmellataアッラ・マルメラータ(ジャム入り)  
    alla cioccolata アッラ・チョコラータ(チョコレート入り)
    などです。
     
  • Pranzo プランツォ
    プランツォとはイタリア語で昼食のことです。
    昼食の場合、大抵メニューが用意されています。
    以下のものはスタンダードな品目です。
    Paninoパニーノ イタリアの伝統的な外皮が固めの パンを半分にスライスし、中に好みの具材(ハム、モッツァレッラ、チーズ、トマトなど)を詰めたもの。イタリアでは、ハンバーガーやホットドッグもパニーノと呼ばれる。
    薄切りパンを使ったサンドイッチはTramezzino トラメッツィーノと呼ぶ。
    Piadinaピアディーナ 小麦粉、水、塩、ラードやオリーブオイルを混ぜた物を円形に薄く伸ばして鉄板などで焼いて作った生地に、チーズやハムをはさんだもの。
    Pastaパスタ バールによってはメニューにない。
    特別な調理場の無いバールでは、冷凍のパスタをレンジで加熱したものである場合が多い。一方、トラットリアやレストラン兼のバールの場合、自家製のパスタ料理が用意されていルことが多い。

     
  • Aperitivoアペリティーヴォ
    アペリティーヴォとは、イタリア語で食前酒を意味します。
    バールでは、食前の時間帯、特に夕方の6時前後をアペリティーヴォの時間にしていることが多く、好みの食前酒と共につまめるスナックを出しています。
    最近ではこのアペリティーヴォをHappy Hourハッピーアワーと呼ぶことも多く、一人5ユーロ位でドリンクとスナックビュッフェを楽しめます。
     
  • その他
    飴・チョコレート・ガム、スナック菓子、アイスクリームなどの軽いおやつ、またプレゼント用の箱入りチョコレートやビスケットが売っていたりもします。Bar - Tabacchiバール・タバッキと看板が出ているバールでは、タバコも販売しています。


 

 
ザッピング
Rossetto イタリアのアウトレットショップ・ファクトリーストアー・直売店
イタリア国内外の高級ブランド品・手工芸品・新鮮な食品を、より安く手に入れることのできる場所。
Gelati イタリアのお菓子
イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。お隣のフランスやオーストリアのケーキがあまりに有名なため、どうもかすんでしまいがちなイタリアのデザート。しかし、よく考えてみれば、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタなど、日本のファミレスメニューにも載っていそうなこんなデザートたちも、実はイタリアン・ドルチェなのです。
©AptGenova - Primocanale ジェノヴァ観光ガイド
イタリアで6番目に重要な町ジェノヴァは、南ヨーロッパでもっとも大規模な港を誇る。その芸術・風景・海・施設のおかげで、ジェノヴァ県の観光はリグーリア州の中でも最も盛んである。
Perugia via acquedotto Per gentile concessione STT-IAT PERUGIA ペルージャ観光ガイド
ウンブリア州の主要都市ペルージャは、緑広がる田園の丘にある、歴史・伝統・芸術・自然がたっぷり詰った町である。特に中央広場は、イタリア国内でも 指折りの美しい広場として知られている。
Copyright © 2004-2017 MEMOKA P.IVA 08522530966 All rights reserved.