Origano イタリア人とハ-ブ
古くからイタリア人の生活に欠かせないハーブ。食・美・健康のどの点においても重要な役割を果たす、自然の恵み。古くは人々をペストの危機から救ったといわれる魔法の植物。イタリア人とハーブの関係を探ってみましょう。
関連イメージ (1)

イタリアでは、ハ-ブが日常的に利用されています。
特にバジリコセ-ジタイムロ-ズマリ-オレガノなどは、毎日の料理に欠かせない定番ハ-ブです。 初夏になると、イタリアの店頭には様々なハ-ブ鉢が並び、人々はハ-ブ栽培を楽しむようになります。
自家製ジェノベーゼの材料になるバジリコ、バ-べキュ-の肉の香り付けに欠かせないのがロ-ズマリ-、セ-ジは豚肉によくあいます。

古くからヨーロッパでは、ハ-ブは病気や怪我を治す貴重な薬として重宝されていました。貴族たちはこぞって屋敷の庭園でハ-ブを栽培し、富の象徴としていました。
現在フィレンツェ大学の一部として研究に使われているセンプリチ植物園 は、もともと メディチ家がハ-ブ研究のために設立したものです。この植物園では約4000種類の植物が研究用に使われています。
貴族や商人以外でハ-ブの栽培・調合を行っていたのが修道院でした。 修道院で調合された薬草によって、多くの市民が命を救われたといいます。
現在でもハ-ブ製品を作り続けている修道院は多く、修道院売店にて薬草酒、蜂蜜、ジャム、コスメ類を買い求めることができます。
フィレンツェのチェルト-ザ・デル・ガルッツォ、やミラノ近郊パヴィアにあるチェルト-ザ・ディ・パヴィアなどが有名です。

イタリアの街では、薬草療法が主であった時代から続く薬局をしばし見ることができます。 フィレンツェの孤児養育院のそばにあるファルマチ-ア・サンティッシマ・アンヌンツィア-は、 創業1561年の老舗薬局です。オリジナルのスキンケア商品、ヘアケア商品、サンケア商品、香水、キャンドルなどが揃っています。老舗ならではのアンティ-クで気品のある内装、シンプルでしゃれたパッケ-ジも魅力的です。
同じフィレンツェで、 1211年創業の薬局オフィチ-ナ・プロフ-モ・ファルマチェウティカ・ディ・サンタ・マリア・ノヴェッラは、メディチ家がご用達だった由緒ある薬局。薬局は入場無料の博物館が併設されています。ガイドつきの工場見学も行っています。 様々なオリジナル商品があり、中でもユニ-クなのが猫・犬用のケア商品。パッケ-ジもシンプルもしくはアンティ-クで品のあるものばかりです。

また、このような薬局に似ていながら薬品は取り扱っていない店のことを『erboristeriaエルボリステリア』とよびます。
エルボリステリアでは、主にハ-ブを使った無添加の石鹸や化粧水、フェイスマスク、オイル、サプリメント、ハ-ブティ-などを扱っていています。 アンティ-クな店構えであることが多く、また、ハ-ブティ-のブレンドを頼むことができたり、アンティ-クな香水が数多く取り揃えられているのが魅力で す。エルボリステリアにある商品は、パッケ-ジもアンティークでかわいいので、ギフトとしても喜ばれます。
エルボリステリアは、イタリアのどんなに小さな町でも必ず一軒はあるものです。それほど、イタリア人にとってハーブは無くてはならないものなのでしょう。

関連デ-タ

 

自然公園と植物園 (748)
 
ザッピング
Rossetto イタリアのアウトレットショップ・ファクトリーストアー・直売店
イタリア国内外の高級ブランド品・手工芸品・新鮮な食品を、より安く手に入れることのできる場所。
Gelati イタリアのお菓子
イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。お隣のフランスやオーストリアのケーキがあまりに有名なため、どうもかすんでしまいがちなイタリアのデザート。しかし、よく考えてみれば、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタなど、日本のファミレスメニューにも載っていそうなこんなデザートたちも、実はイタリアン・ドルチェなのです。
Crearegenova ジェノヴァ観光ガイド
イタリアで6番目に重要な町ジェノヴァは、南ヨーロッパでもっとも大規模な港を誇る。その芸術・風景・海・施設のおかげで、ジェノヴァ県の観光はリグーリア州の中でも最も盛んである。
Perugia Chiostro dei Priori Per gentile concessione STT-IAT PERUGIA ペルージャ観光ガイド
ウンブリア州の主要都市ペルージャは、緑広がる田園の丘にある、歴史・伝統・芸術・自然がたっぷり詰った町である。特に中央広場は、イタリア国内でも 指折りの美しい広場として知られている。
Copyright © 2004-2017 MEMOKA P.IVA 08522530966 All rights reserved.