Formaggio Raschera DOP (Archivio A.T.L. del Cuneese) イタリアのワイン・チーズの認定証
イタリアのワインを保障するDOC・DOCG・IGT認定、チーズなどの伝統食材の品質管理と産品保護を目的としたDOP認定について。
関連イメージ (4)

イタリアは言わずと知れたワインとチーズの国です。イタリアではこういった伝統食材に対し、品質管理と産品保護のため地域を指定した上、基準をみたすものに DOP (Denominazione di Origine Protetta)という 原産地保護名称 を付けて販売することを許可しています。
ワインに関しては、イタリアワイン法のDOC法(Denominazione di Origine Controllata)で、イタリアのワインの最上級に位置付けられる分類の DOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)統制保証付原産地呼称ワイン をはじめ、上級のDOC統制原産地呼称ワイン、IGT地域特性表示ワイン(ラベルには使用されている品種と生産地が表示)、VdTテーブル・ワイン(使用品種や生産地を表示する義務はない) と、クラス分類されています。
最上級と上級のDOCGとDOCワインに認定されるためには、

 

  1. ブドウの産地が指定されている土地のもの。
  2. ブドウの品種、または、混醸の場合も決められたブドウ品種を使い、ブドウ品種ごとの混合比率が決められた割合を満たしている。
  3. ブドウ栽培畑が、DOCG及びDOCワインを作るための畑であると、届出されている。
  4. 決められた方法で醸造されている。
  5. 決められた熟成の方法、法定熟成期間を満たしている。
  6. アルコール度や成分分析が、規定の条件を満たしている。
  7. ワインの色、香、風味などの質的な特性が、DOCG及びDOCワインの力量を満たしている。

と、これらの条件を満たした上で、初めて認定を受けられるのです。

しかしながら、DOC申請をしないワインは全てVdTクラス になるため、VdTクラスであっても高品質なワインが無いわけではありません。近年では、こういった高品質なVdTクラスワインが人気を呼び、スーペルVdT、特にトスカーナ産のものに多いためスーペルトスカーナと呼ばれ、人気と共に再評価されDOCに認定されるものも出てきています。

一方、イタリアのチーズは、 モッツァレッラリコッタマスカルポーネストラッキーノなどの無熟成・半熟成のフレッシュチーズ、また、 DOP認定のパルミジャーノ・レッジャーノグラナ・パダーノゴルゴンゾーラタレッジョアジアーゴフォンティーナロヴィオラプロヴォローネ等が有名です。
味・鮮度はもちろん、栄養価の高いチーズは、イタリア人の食生活に欠かすことのできないものだと言えます。特に、パルミジャーノ・レッジャーノ 、グラナ・パダーノら”グラーナ”と呼ばれる種類のチーズ は、カルシウム・マグネシウム・リン・フッ素などのミネラルがバランスよく含まれているため、育ち盛りの子供たち、妊娠・授乳中の女性、骨疎損傷予防にも最適な食材と言われています。
グラナ・パダーノ
グラーナは、イタリア家庭の冷蔵庫には必ず常備されているチーズで、料理の味付けに、仕上げにパパッとふりかけて、そのまま食べて・・・など等、日本人が醤油を使うような感覚で親しまれています。
グラーナ以外にも日常親しまれているものに、モッツァレッラやリコッタなどのフレッシュチーズがあります。イタリア料理を代表するピッツァに使用されるチーズは、基本的にモッツァレッラですし、その他数多くの料理にモッツァレッラは利用されています。リコッタもそのまま、料理の材料に、さらにはお菓子の材料として幅広く愛用されています。作る工程を見てもそうなのですが、リコッタは日本の豆腐に似ていて、高たんぱく・低脂肪なため、ダイエットの強い味方としても人気です。

また、イタリア人のチーズの食べ方として、デザートとしてそのまま食べるという食べ方があります。
この場合、”モスタルダ” と呼ばれるマスタード・エッセンスを加えた多少ピリッとするジャムや、蜂蜜をかけたりもします。不思議なことに、癖のあるチーズほどこういった甘いソース が合ってしまったりするのです。
ゴルゴンゾーラ(ドルチェのほう)のようなアオカビのチーズに蜂蜜だなんて・・・と思われる方もいらっしゃると思います が、なかなか相性が良いのでお勧めです。

 
ザッピング
Scarpe イタリアのアウトレットショップ・ファクトリーストアー・直売店
イタリア国内外の高級ブランド品・手工芸品・新鮮な食品を、より安く手に入れることのできる場所。
Semifreddi イタリアのお菓子
イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。お隣のフランスやオーストリアのケーキがあまりに有名なため、どうもかすんでしまいがちなイタリアのデザート。しかし、よく考えてみれば、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタなど、日本のファミレスメニューにも載っていそうなこんなデザートたちも、実はイタリアン・ドルチェなのです。
CAVALLO LIGNEO - (C)Archivio Fotografico Turismo Padova Terme Euganee/fotografo: Danesin パドヴァ観光ガイド
パドヴァの街と県は、ラグーナとプレアルプスの中間にあるヴェネト平野の中央に位置しています。 文化・経済の発達した北東の地としても知られるパドヴァは、芸術・文化・伝統に満ちた歴史の地でもあります。
Assisi Tempio Minerva アッシジ観光ガイド
ウンブリアの緑の丘に位置するアッシジは、その詩的な雰囲気、歴史、芸術で人々を魅了して止まない。イタリアの守護聖人である聖フランチェスコの生まれ故郷、フランチェスコ修道会発祥の地。
Copyright © 2004-2017 MEMOKA P.IVA 08522530966 All rights reserved.