Trento Cortelletti トレント観光ガイド
静かな谷あいに点在する湖と城・・・夏冬共に観光のメッカであるトレントには、歴史・芸術・自然がふんだんに詰まっている。
関連イメージ (4)

3世紀頃初めてロ-マ人が入居、その後4世紀にはキリスト教が広まり、5世紀にはすでに司教区となりゴ-ト族、ロンバルド人(569年)、フランク人らが居住した末、952年皇帝オットーネ1世によってSacro Romano Impero(現在のドイツ)と併合され、様々な文化がトレントの地に流入した。
そして1027年、皇帝コラード・イル・サリコがトレントの町に大司教を置いたことから、1796年ナポレオンに支配されるまでの約770年間トレントは独自の政府を持つようになった。
大聖堂も建設された13世紀、数十年に渡って貴族・王族による司教妨害が勃発するが、1363年、司教アルベルト・ディ・オルテンブルグとオーストリア王が和解したことで事態は終結に向う(実際は、司教の勢力を衰えさせるものであった。)。
また、歴史的な大事項として"トレント公会議"(1545年~1563年)が挙げられる。トレント公会議の当初のねらいは、プロテスタントとの決定的な分裂を回避し妥協点を見出すことであったが、最終的にその意図は断念され、カトリック教会が自らの教義を再確認することでかえってプロテスタントの主張との違いを際立たせることになり、プロテスタント側への糾弾にいたった。
19世紀初頭、トレントはオーストリア軍による支配を受ける。これによって大司教は最後を向え、町の富と力も衰えを見せた。そして、その後の10年間様々な異なる進入を受けた後、1815年ウィーン会議にてハプスブルグ家の支配下へと治まる。
後、1918年11月4日第一次世界大戦の直前、遂にトレントはイタリア共和国と併合した。
しかし、その後もトレント住民達は独立と自由を求め、第二次世界大戦後、遂に特別州トレンティーノ・アルト・アディジェ州がができる。州内は2つの特別県(トレント県とボルツァーノ県)に分けられた。

トレントの町には数えきれない芸術・建造物・文化が存在する: 11世紀から16世紀にかけて建築されたブオンコンシーリオ城は、町に融合しながら誇らしげにに美しく聳え立っている。城を囲む城壁内には素晴らしい庭と美術館がある。その東側にはトッレ・デル・アクイラ(内部には15世紀初期ジョルジョ・ディ・リキテンステイン司教の依頼によってボエモが描いた壁画"Il Ciclo dei Mesi"が存在する)が建っている。
町中央のアンティークなアーケードでも有名なClesio通り・Suffragio通りを進むと、16世紀建築のパラッツォ" Trautmannsdorf "が向かいに建つラファエッロ・サンツィオ広場とモストラ広場にたどりつく。
そこからAntonio Manci通り沿いを行くと、16世紀ルチオ・ディ・ピエトロの作品が眠るパラッツォ・サルヴァドーリと多くの展覧会・イベントが開催されるトッレ・ミラーナがある。
ドゥオーモ広場とBelenzani通り沿いでは、パラッツォ・"Thun"、パラッツォ・ジェレミア、パラッツォ・アルベルティ・コリコの素晴らしいファザードを目にすることができる。
そしてその先にあるカテドラーレ広場には、サン・ヴィリオを奉った聖堂と、パラッツォ・プレトーリオ・旧司教邸宅・パラッツォ・バルドゥイーニを囲む塀が広がり、フランチェスコ・アントニオ・ジオンゴ作Fontana del Nettuno (ポセイドンの噴水)を見ることもできる。
また、Pasi広場・Oss Mazzurana通り(テアトロ・ソチャーレがある)・ San Pietro通り・Giosuè Carducci通りは歩行者天国で人々の憩いの場となっている。




州の南部に広がるトレント県は、なだらかな丘が広がり、谷あいには複数の小さな湖が散らばっている。ガルダ湖北部はウインドサーフィンのメッカであり、冬もまたVal di Non・ Val di Sole・Valsuganaなどの谷あいを行く小旅行、Madonna di Campiglio・ Pinzolo,・Altopiano della Paganella・ Val di Fassa・ Altipiani di Folgaria・Lavarone ・ Lusernaでのスキーと、盛り沢山なスケジュールを楽しむことができる。
冬は銀世界となる山々も、夏には緑を見せヤギや羊の放牧を見ることができる。
そして、食いしん坊にはたまらないトレントの郷土料理・食品:Nostrano Val di Fassa・ la Spressa・il Fontal・ il Puzzone di Moena・ il Vezzenaなどの"マルゲ(放牧している牛の乳を使用して山小屋でつくられるチーズ)" 、その他きのこ類、猛獣肉、牛肉のサラダ、ガルダのオリーブ油、蜂蜜、栗、りんご等。
主なワイン銘柄:赤)Teroldego、 Merlot、 Cabernet、 Marzemino。白) Muller Thurgau、 Pinot Binaco、Sauvignon、発泡酒)Spumante Trento DOC。 また、ストルーデル、ブルーベリーのケーキ、アーモンドのケーキ、イチゴのケーキ などのデザートによく合うVin Santo Trentino 、 il Moscato Giallo等。

他のガイドを観る 他のガイドを観る
 
ザッピング
Manichini イタリアのアウトレットショップ・ファクトリーストアー・直売店
イタリア国内外の高級ブランド品・手工芸品・新鮮な食品を、より安く手に入れることのできる場所。
Gelati イタリアのお菓子
イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。お隣のフランスやオーストリアのケーキがあまりに有名なため、どうもかすんでしまいがちなイタリアのデザート。しかし、よく考えてみれば、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタなど、日本のファミレスメニューにも載っていそうなこんなデザートたちも、実はイタリアン・ドルチェなのです。
Prato Pulpito di Donatello Duomo プラト観光ガイド
トスカ-ナ州の北部の後背地。町から数キロメ-トル南にはフィレンツェ、北に はピストイアがある。激しい歴史の波にもまれながらも、常に独自の芸術・文化 を守り続けてきた、工芸・商業の盛んな地。
Trento トレント観光ガイド
静かな谷あいに点在する湖と城・・・夏冬共に観光のメッカであるトレントには、歴史・芸術・自然がふんだんに詰まっている。
Copyright © 2004-2017 MEMOKA P.IVA 08522530966 All rights reserved.