Como (Foto Provincia di Como - Settore Turismo) コモ観光ガイド
イタリア国内でも他に類を見ない環境に満ちたコモ県の領域は、ラリアナ半島を含むコモ湖西岸全域に広がります。
関連イメージ (20)

コモ県とは、アルプスの高山から湖の一帯、アルプスの谷からブリアンツァ工業地帯の丘の一帯、コモの市街地から人口の少ない村落地域一帯、北部の野生保護地区から南部のスキー場までの一帯を含めた全領域です。

 湖中央の"トレメッツィーナ"と呼ばれる地域では、オリーブの木下に寝そべりながら優雅にグリーニェ山岳を見渡すこともできます。

県の両先端の最高距離は100km以内と短距離のため、車で一時間走れば、市街地から野生地区、更には夏気温から冬気温へと季節までもが変わってしまいます。

また、北部の高山地帯から南部のブリアンツァまで、人間の開拓をしっかり目にすることができるコモ県は、固く勤勉な北イタリアの象徴といえるでしょう。

そして、人口密度が高いわりには、広範囲に自然を保っているのも特徴といえるでしょう。


実際、山岳地帯、特に湖北部の領域には、ラ・ヴァッレ・アルバーノLa Valle Albano、ラ・ヴァル・ダレンゴla Val d’Arengo、ラ・ヴァッレ・デル・ドッソ・リロ la Valle del Dosso Liro、ラ・ヴァル・セナグラ la Val Senagra、イル・ピアン・ディ・スパーニャ il Pian di Spagnaなど、人の手の入っていない自然そのままの野生地が存在します。

近年、これらの野生地では、野生の山羊の数が増加、その他鷹を含めるすべての猛禽類(もうきんるい)の数も増加の傾向にあります。


その他、野ウサギやキジ、高山に生息する鶏"ガッロ・フォルチェッロ"などが生息することからも、自然環境の良さを確信することができます。

9.800Kmにも渡る水中の自然も他ならず豊かで、様々な淡水魚が生息しています。湖に面したエルバの町は、美味しいマスが獲れることで有名です。

 
コモ湖は、イタリアを代表する3大湖(コモ湖、マジョーレ湖、ガルダ湖)の中で一番深く、深さは410mにも及びます。ヨーロッパレベルで見てもかなり深い湖であり、この豊かな水が気候に与える影響力はかなりのものといえるでしょう。

湖の中心に位置するべラッジョの町は、リグーリアのリヴィエラに似た温暖な気候が保たれているため、月桂樹、オリーブ、ヤシの木、また、南国植物を育てることが可能です。

コモの年間平均気温は +13° C。2月の最低気温は + 2° 、7月の最低気温は 22°と、年間を通して心地の良い気温が保たれています。

 

 

原文・写真提供:コモ県観光促進課 
PROVINCIA DI COMO - ASSESSORATO AL TURISMO - SETTORE PROMOZIONE
Piazza Cavour 17 - 22100 Como.

他のガイドを観る 他のガイドを観る
 
ザッピング
Rossetto イタリアのアウトレットショップ・ファクトリーストアー・直売店
イタリア国内外の高級ブランド品・手工芸品・新鮮な食品を、より安く手に入れることのできる場所。
Gelati イタリアのお菓子
イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。お隣のフランスやオーストリアのケーキがあまりに有名なため、どうもかすんでしまいがちなイタリアのデザート。しかし、よく考えてみれば、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタなど、日本のファミレスメニューにも載っていそうなこんなデザートたちも、実はイタリアン・ドルチェなのです。
Genova ジェノヴァ観光ガイド
イタリアで6番目に重要な町ジェノヴァは、南ヨーロッパでもっとも大規模な港を誇る。その芸術・風景・海・施設のおかげで、ジェノヴァ県の観光はリグーリア州の中でも最も盛んである。
Perugia via acquedotto Per gentile concessione STT-IAT PERUGIA ペルージャ観光ガイド
ウンブリア州の主要都市ペルージャは、緑広がる田園の丘にある、歴史・伝統・芸術・自然がたっぷり詰った町である。特に中央広場は、イタリア国内でも 指折りの美しい広場として知られている。
Copyright © 2004-2017 MEMOKA P.IVA 08522530966 All rights reserved.