Semifreddi イタリアのお菓子
イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。お隣のフランスやオーストリアのケーキがあまりに有名なため、どうもかすんでしまいがちなイタリアのデザート。しかし、よく考えてみれば、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタなど、日本のファミレスメニューにも載っていそうなこんなデザートたちも、実はイタリアン・ドルチェなのです。
関連イメージ (2)

イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。
有名なイタリアのドルチェというと、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタあたりでしょうか。
ケーキといえばお隣のフランスやオーストリアが有名なため、どうもイタリアのデザートといわれても、ぴんとこない方が多いのではないでしょうか。

代表的なイタリアン・ドルチェを紹介します。

ジェラ-ト

ジェラートはイタリア語で「凍った」と言う意味の名前がついた氷菓で、フィレンツェが発祥だとkいわれています。 果汁、果肉、牛乳、砂糖、時にはコーヒーや香草などを混ぜた物を凍らせて作るジェラ-トは、イタリア人にとっては欠かせないデザートです。おそらく、ジェ ラテリアと呼ばれるジェラ-ト店の存在しないイタリアの街は無いと思われます。
シチリアではブリオッシュに挟んで、朝食に食べたりもします。


ティラミス
北イタリア生まれのチーズケーキの一種。
語源のイタリア語 Tirami su! は「私を元気付けて」の意味。
近年生まれた新しいデザートで、発祥の地は確定されていませんが、発祥をめぐっていくつかの土地の間で論議がおこっています。
原料のマスカルポーネはロンバルディア州のチーズで、ビスコッティはピエモンテ州、クリームのベースとなるザバイオーネもピエモンテ州の郷土デザートです が、近年この原料はどこでも入手できるため、この2州に特定するのも難しく、ヴェネツィア又はトレヴィーゾがその地ではないかといわれています。


パンナ・コッタ

生クリーム、牛乳、砂糖を混ぜたものに、ゼラチンを加え冷やし固めたプディング。
つるりとした口当たりで、食後のデザートとしてもすんなり口に入りますが、生クリームがたっぷり入っているので結構こってりしています。
その発祥ははっきりとしていませんが、おそらくピエモンテが発祥の地ではないかと言われています。
イタリア全土で食されているデザートで、通常、ベリー系、キャラメルやチョコレートなどのソースをかけて食べます。

イタリアン・クリスマスの定番パンドーロとパネットーネ
先端のない円錐形が星型にえぐれていて8つの頂点があるパンドーロは、ヴェローナの銘菓です。
生地はやわらかいブリオシュ地で、バニラ風味。形状は。主な材料は、小麦粉、砂糖、卵、バター、カカオバター、天然酵母など。食べる前に粉砂糖をまぶします。
「大きなパン」という意味のパネットーネは、ミラノの銘菓です。
パネットーネ種の酵母を用いてゆっくり発酵させたブリオッシュ生地の中に、ドライフルーツを刻んだものを混ぜ込んで焼き上げた、柔らかなキノコ型の菓子パンです。
賞味期限は長く、大体6ヶ月位。パネットーネ酵母は流通を拒んでいるため、イタリア国外での製造が難しいそうです。

このパネットーネに似た生地を使ったお菓子に、復活祭に食べるコロンバがあります。
鳩の形で、生地にドライフルーツ、アーモンドが練りこまれていて、表面に細かい砂糖菓子がまぶしてあります。

カンノーロ
シチリアの菓子の中でももっとも有名な菓子のひとつ。
元々は、謝肉祭を祝って作られる季節菓子だったそうですが、現在では一年中目にすることができます。
小麦粉ベースのパスタを薄くのばし、正方形 に切ってから金属製の円筒に巻き付けて低温の植物油かラードで筒状に揚げた皮の中に、甘みをつけたリコッタ・チーズにバニラ、チョコレート、ピスタチオ、 マルサラ酒(シチリア地方のワイン)、ローズウォーターやそのほかの風味のうちいくつかをまぜ合わせたクリームを詰めたものです。シチリア地方では羊乳製 リコッタが使用されます。


ジャンドゥ-ヤ

ヘーゼルナッツを主としたナッツ類のぺーストとチョコレートを混ぜたクリーム。
もととなったのは、1852年にトリノのカファレル社が作ったチョコレート菓子゛ジャンドゥイオッティ″です。ナポレオン政権下で不足していたカカオを補うために、この地方で獲れるヘーゼルナッツを混ぜたことから生まれたそうです。
 


カントゥチーニ

カントゥチーニは、中世トスカーナ地方のプラトで誕生した、アーモンド風味の硬いビスケットです。
小麦粉、卵、塩、砂糖、イースト、アーモンド、ピスタチオなどを原料としていて、とても固いため、ヴィン・サント(甘口ワイン)と言ったデザート・ワインや、カフェに浸し、柔らかくなったものを食べることが多いです。


アマレッティ
非常に軽い食感のメレンゲ菓子で、小麦粉の変わりにアーモンド・プードルを使っているのが特徴。通常のビスケットのようにバタ-や油を使わないのも特徴。また、スイート種(甘扁桃)とビター種(苦扁桃)両方のアーモンドを使用するため、ほろ苦さがあります。
アマレッティには柔らかいサッセロ風、と固いサロンノ風があります。

 
ザッピング
Scarpe イタリアのアウトレットショップ・ファクトリーストアー・直売店
イタリア国内外の高級ブランド品・手工芸品・新鮮な食品を、より安く手に入れることのできる場所。
Semifreddi イタリアのお菓子
イタリア語では、甘いものをDOLCE ドルチェと呼びます。お隣のフランスやオーストリアのケーキがあまりに有名なため、どうもかすんでしまいがちなイタリアのデザート。しかし、よく考えてみれば、ジェラ-トやティラミス、パンナコッタなど、日本のファミレスメニューにも載っていそうなこんなデザートたちも、実はイタリアン・ドルチェなのです。
BASILICA DI SANTA GIUSTINA - (C)Archivio Fotografico Turismo Padova Terme Euganee/fotografo: Danesin パドヴァ観光ガイド
パドヴァの街と県は、ラグーナとプレアルプスの中間にあるヴェネト平野の中央に位置しています。 文化・経済の発達した北東の地としても知られるパドヴァは、芸術・文化・伝統に満ちた歴史の地でもあります。
Assisi Tempio Minerva アッシジ観光ガイド
ウンブリアの緑の丘に位置するアッシジは、その詩的な雰囲気、歴史、芸術で人々を魅了して止まない。イタリアの守護聖人である聖フランチェスコの生まれ故郷、フランチェスコ修道会発祥の地。
Copyright © 2004-2017 MEMOKA P.IVA 08522530966 All rights reserved.